爪は短く!

看護師はプライベートな時間を過ごすのが難しいと言われていて、お休みなどがあっても、ゆっくりと過ごすというよりは1日ダラダラと眠っているだけで過ぎてしまうなんていうことがありますが、このような生活をしていると自分の手元のお手入れなどを忘れてしまう看護師がいます。私が働いてる職場でも爪を長く伸ばしてる看護師などがいるので、気が付いた時には必ずすぐその場で切るように指示しているのですが、看護師として働いている以上は、爪を常に短くしておかなければならないと思っています。

患者さんに接する時にも自分の爪で患者さんに傷をつけてしまっては良くありませんし、衛生面を考えても決して良い事ではありません。深爪をするほど短くなければいけないなんて言う事もありませんが、やはりしっかりと短くしていなければ、患者さんだって気分が良くありませんし、実際に仕事をするにも困ることが沢山あります。それでも忙しい生活を送っていく中で自分の手元のケアを忘れてしまう看護師もすごく多いように感じるので、本当に爪はしっかりと短く切るようにしてほしいと思います。どうしても自分でケアを忘れてしまうなどというときには職場の仲間同士で注意しあっても良いですよね。

■ネイルサロンの予約をするのも良い。

上記のように忙しい生活をしていると自分の手元のケアを忘れてしまうなんて言う事もあると思います。しかし手元のケアを忘れてしまうというのは、やはり看護師の仕事には悪影響を与えてしまうことですから、しっかりと行っていかなくてはなりません。どうしても自分では忘れてしまうなどという人の場合にはお休みの日に合わせてネイルサロンを定期的に訳しておくと良いかもしれません。

サロンに予約を入れてしっかりと手帳に記入しておけば、お休みの日にダラダラと過ごしてしまうこともなくなりますし、ネイルサロンでリラックスしながら、手元のケアもできるので一石二鳥ではないでしょうか。ネイルサロンでもネイルを施すのではなく手元のケアだけであればさほど金額的にも高いものではありませんし、時間も長くかかるものでもありませんので負担を感じることなく綺麗な手元をキープすることができると思いますよ。もちろん職場でお互いに指摘をし合うなんていうのも良いことだと思いますが、忙しくてお互いが忘れていたら意味がありませんから、ネイルサロンを上手に利用していくことも大切だと思います。ネイルサロンに通うことも抵抗を感じるようであれば自分が普段、目にすることの多いカレンダーに記入しておくしか方法はないでしょう。

同じ看護師でも職場によってネイル一つでも厳しく言われるところがあるようです。私の友達が働いている病院では規律が厳しく毎日大変だと嘆いていました。
少し気は早いですが、もし私が転職するようなことがあればそういう失敗がないよう色々調べようと思います。ちなみに先日失敗しない看護師の転職と言うサイトを見つけたので参考にしています。